2010年11月21日

ふるクート制作日記 3回目。

あっちで一言書きましたが、こっちにも書いておきます。

10112101.JPG

先日発売された缶入りハイボールなんですが、コレが美味い! 同じシリーズでI.W.ハーパーのヤツもありますが、俺は断然こっちのローゼズ派です。
最初は「ローゼズ風味、程度なんやろうな。」くらいのつもりで飲んでみたのですが、とにっかく香りがイイ。風味どころかローゼズ独特の甘い香りがしっかりあって、特に最初の一口にそれがハッキリ分かります。17日に発売されたばかりですが、もうコレにハマってます(笑)。

さて本題。給料日前でジリ貧なコトもあって(汗)、仕事終わって真っ直ぐ帰宅して「ふるクート」作ってます。
まず先日見るも無残な状態にしてしまいましたが、更に水研ぎをして、2回目の白を塗りました。

10112102.JPG

今度は流石に成功(苦笑)。薄めの白をじっくり吹いて、全身ペッカペカにしました。
ついでにコクピット横と後ろにあるアンテナも取り付けてます。

そんでもってココから地獄の一丁目に突入。まずはマスキングです。
今回、白いラインは付属のデカールではなく塗装するコトにしているので、その白の部分をマスキングします。
付属のデカールをコピーして、ソレにマスキングテープを貼りアートナイフで切り取り、デカールの複製をマスキングテープで作りました。・・・って文章にすると短いですがコレがまず大変(泣)。面積のわりに枚数があるので苦労しました。
で、その切り取ったマスキングテープを貼っていくワケですが・・・、説明書通りに貼れない。サイズが違う角度が違う(大泣)。よく考えてみれば元のキットがアノ状態で、パテ盛ったり削ったりしてやっとこさこのカタチにしたのに、付属のデカールが合うワケがナイんですよ。長かったり短かったりした箇所が多数あった上、どう重なってるのか不明な部分もあったので多少アレンジもして、何とかこうなりました。

10112103.JPG

この作業だけで一日かかったのに、貼った面積は大したコトがナイんですよねぇ(苦笑)。
でももし付属のデカール使ってたら、もっと大変してたんだと思います。だって前述の理由で絶対にキレイに貼れる訳がナイですから(笑)。マスキングテープだと、ある程度は伸縮するし曲面にも貼れますしね。
マスキングが終わったら、次はトルマリングリーンの下地となる黒を塗装。

10112104.JPG

こうなりました。
ちなみに白いラインにもトルマリングリーンを塗ってパールグリーンっぽくするコトにしたので、コクピット以外のマスキングテープは全て剥いでしまいます。
コレだけ曲面が多いので少し失敗した箇所もありましたが、チョコチョコと修正して何とかしてます。
・・・うん、この状態でも十分カッコイイ(笑)。

現在、この上からトルマリングリーンを塗り乾燥中です。えー、恥ずかしい話ですが思い切り失敗した箇所があるので今は撮影していません(苦笑)。完全に乾燥させた後で修正します。上手く修正できるかどうか分かりませんが、まぁ何とかなるでしょ。

その修正が終わったら・・・、いよいよデカール貼りです。白いラインに合わせてカットしなきゃいけないデカールが多数あるので、かーなり苦労すると予想してますが、ココで俺の「愛」を見せなきゃね(自爆)。
posted by Pur-PLE at 21:52| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ふるクート制作日記 2回目。

現在の職場に、「どうでもいいやん。」が口癖の人がいます。
本人なり他の人がフォローできるレベルのミスだと、「どうでもいいやん!」の一言で軽く逆ギレして終わりにしてしまう。言われたほうはちょっとムカッとくるのですが、「本人がそう言ってるんだから、どうでもいいや。」と思うと、結構気がラクになります。
それで気付いたのですが、多少腹が立つコトがあっても、「どうでもいいや。」と心の中で呟くと、コレが不思議なコトに気がラクになるんですよねぇ(笑)。なので最近はしょっちゅう便利な魔法の呪文のように「どうでもいいや。」と心の中で呟くようにしてます。

・・・どうでもよくなったんやろうなぁ。どうでもいいケド。

さて本題。どうでもよくなんかはない「ふるクート」です。
あ、先日から作ってる「ベルクート」ですが、愛称の「ふるクート」のほうの名前で呼ぶようにします。なんで日記のタイトルも変更しました。
先週の土曜にコクピットとキャノピー周りを作り、日曜に一回目の白を塗装しました。
まずコクピット内部とキャノピーを平行してチョコチョコと塗装、キャノピーの位置を調整して機首上面を固定。それからキャノピーを接着、という順番です。キャノピーの透明プラスチックもかなり柔らかかったのにはちょっとビックリ。位置調整の段階で少し変形しているのが分かったので、またもドライヤーさんに登場してもらい、温めて形状を修正しています。

キャノピーをマスキングした後に、いきなり一回目の白を塗装しました。
普段だったらGSIクレオスの「ベースホワイト1000」を塗るところですが、今回は隠蔽力も皮膜も強いというコトなので、Mr.カラーGXの「クールホワイト」を使用しました。確かに隠蔽力は強いですねー。ところがちょーっと塗料が濃かったらしく、表面がザラついてしまったりムラになった部分があったので、予定していなかったのですが水研ぎするコトにしました。
コレがですね・・・、甘く見てました(自爆)。最初は部分的に水研ぎすればイイや、くらいに思っていたのですが、作業進めていくとキズやヒケがドンドン見えてくる(苦笑)。段々と後に引けない状況になり、最終的にこうなっちゃいました。

10111601.JPG

見るも無残(爆笑)。
さーすがにやり過ぎちゃったかなーってカンジですが、まぁ仕方ナイと開き直ってます。でもココまでやったので、主翼とかのヒケは完全に無くなったハズです。表面積が広い上にモールドもあるので苦労しますわ(汗)。
近日中に2回目の白を塗ります。今度はちょっと薄めの塗料でじっくり塗装するです。

それと本体とは別に作業を進めている排気ノズルはこんなカンジになりました。

10111602.JPG

ノズル部分用にハセガワの「ホログラムフィニッシュシート」を使ってみたのですが、ピンと来なかったのでヤメにして、いつぞや使ったマジョーラカラーのアンドロメダを薄く塗り、Mr.カラーGXの「スーパークリアーIII」を上から吹いてます。
写真じゃ分かりにくいですが、やっぱりクリアーを吹いたらクリスタルカラーの輝きが増しました。
それとついでなので、ハセガワの「ミラーフィニッシュシート」まで貼ってしまいました。コレはパッケージの完成見本をそのままパクってます(笑)。このミラーフィニッシュシートはメチャメチャ薄くてある程度伸び、ホントに曲面に貼れます。逆に真っ直ぐに貼るほうが難しいかもしれません。うーん、今度はガンプラの目の部分なんかに使ってみたいです。

気が付いたら排気ノズルの部分だけ完成しちゃいましたが(苦笑)、本体の制作もガシガシ進めます。
2回目の白がキレイに塗れたら・・・、いよいよ1回目の地獄であるマスキング作業にはいります。本体の白いラインは、付属のデカールを貼るのではなく塗装する予定です。
posted by Pur-PLE at 23:50| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

ベルクート制作日記 1回目。

先月末に買ったマンガをまだ全部読めていないくらい、毎日真面目にベルクートを作ってます。
睡眠時間が短くなってますが、もう楽しくて仕方ナイので止められません(苦笑)。
そうそう、「blogの写真が小さいねん!」とツッコミが入ったので、今月から大きい写真でアップするコトにしてみます。

10111301.JPG

コレは数日前に撮った写真なので、現在もう少し作業が進んでますね。コクピットの内部を塗装して、現在機首部分を作ってます。
・・・え? 作業机が汚い? そりゃもうこの机を12年くらい使ってますから。

「かなり作りが酷いキットだから覚悟して作れよ。」とは散々言われていたので覚悟はしてました。「でも組み立てられない程に酷いコトはナイだろー。」と、ある程度タカを括っていたのも事実です(笑)。
それでいざ組み立ててみると・・・、ホントに酷い(爆)。全然パーツが合わない。こんなの初めてです。ってかね、ガンプラとか今のキットの合いが良過ぎるんですよ。
とりあえず胴体下面と上面のパーツを接着するところからスタートなんですが、もうこの時点で挫折しそうになりました。前方から合わせると後方が合わず、当然なんですが後方から合わせると前方が合わない(笑)。愕然としましたがやるしかナイので、まだパーツのすり合わせがマシだった後方から接着して、前方はドライヤーで温めて何とか接着しました。
主翼は胴体との接合面のバリをアートナイフ&サンドペーパーで削りまくり。水平尾翼はヒケが大きかったので、接着してからラッカーパテ塗って削ってます。
2枚ある垂直尾翼も凄い。1枚は正常だったのですが、もう1枚は裏と表でモールドが異なっていて形状もおかしい。一旦モールドをパテで埋めてからスジ彫りし直してます。
機首上面も胴体下面と全然合わない上に、コレまた片方しかモールドが繋がっておらず、片方だけモールドが2mmくらいズレていたので修正してます。
主翼と水平尾翼を接着した状態で、大きな隙間はエポパテを使い、細かい隙間はラッカーパテで埋めてます。パーツ全体が梨地だったので、1000番のサンドペーパーでほぼ全体をペーパーがけして、スジ彫り用のエッジングソーでモールドの彫り直しもやってます。

・・・と、文章にするとこんなカンジですが、本気で大変してます(汗)。2週間かかってやっとココまでのカタチになりました。
表面積が大きいってコトもありますが、ガンプラ作っている時とは全然違う苦労がありますね。プラスチック自体がガンプラに比べて柔らかく、400番のサンドペーパーとか使うとスグにモールドごと無くなってしまいます(苦笑)。
あと主翼とかの接合面にモールド入れるのに苦労しました。パーツの接着に隙間埋めを兼ねて瞬間接着剤を使ってしまったのは失敗でした。確かに隙間は埋まりましたが、その瞬間接着剤が硬いので、モールドを彫るとなると一苦労です。エッジングソーだけでは何ともならなかったので、アートナイフも多用してスジ彫りしています。
苦労はしていますが、知識として知っているが使ったコトの無い技術をフル活用しているので、コレでも楽しんで作ってます。・・・マゾとか言わないで(自爆)。
それから車輪関係は作らず、カバーは閉じた状態にしてスタンドに固定するカタチにします。

あとアッチに写真貼りましたが、こんなカンジの機体色にする予定です。

10111302.JPG

試しを兼ねて塗装していますが、まずは「Mr.カラーGX」のウィノーブラックで塗装した上に、「Mr.クリスタルカラー」のトルマリングリーンで塗装するとこんなカンジのメタリックグリーンになります。機体を一旦黒に塗装する必要がある上に、広い面積だと塗装ムラになり易そうですが、気合入れて塗装してみます。

正直、本気でエアクラフトモデルを作るには、俺の知識・技術・道具では何ともならない部分があるので(大汗)、逃げるつもりはありませんが、「実在する戦闘機を元にしたキャラクターモデル」と割り切って制作を進めて行くつもりです。

全然別件になりますが、トルマリングリーンを塗ってみた後で、改めてGSIクレオスのHPを見ていたら、サイコフレームがサファイアブルーのユニコーンガンダム(当然ながらデストロイモード)とか面白そうだなぁ、とかバカなコトを思い付いてしまいました。・・・やってみようかなぁ(核爆)。
posted by Pur-PLE at 23:30| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

今年最後の大きなイベントデー二日分。

101103101.jpg

いやもうね、31日は3人揃ってこのTシャツ着た写真が撮れてメチャ嬉しいです。
しっかし俺の穿いてるパンツと靴、ホンマに下品やなぁ(苦笑)。

えー、ハナシが前後しますが30日。
土曜の楽しみであるPSGを見てからまず散髪。それから「ガンダムUC」の第二話をなんばパークスシネマで、くすさん&永瀬君と見てきました。くすさん、座席予約本当にありがとうございました。
MS同士の格闘がかなり派手だったのが印象的。キチンと小説版通りに話が進んだ上で説教は薄めだったので(笑)、俺的には大満足な内容でした。ただ・・・、このペースで小説版の全部の話をやってくれるのかどうかが、ちょっぴり心配ではあります。
そうそう、ポストカードは貰えましたが、肝心の限定プラモは流石に売切れでした(泣)。

それからいつもの月読に移動してsk君と合流。Feel so Good!のメンバー勢揃いで、やっとこさ夏のワンフェスの打ち上げができました。
ポイントカードを複数枚出したのは確かですが、まーさか40cmを超える熊本の鯛の塩焼きと、黒毛和牛のスーパー霜降肉の焼肉が出てくるとは思いませんでした。大将、本当にいつもありがとうございます。
鯛はsk君の職人技で解体してもらい(笑)、隅々まで頂きました。醤油を少ーしかけるともう最高でしたね。焼肉は当然ながらそのままで十二分に美味しかったのですが、ワサビ醤油で頂くとですね、コレがまた風味が出て美味いんですよ。
身が最っ高に締まった鯛と、舌の上で溶けるようなカンジの和牛を堪能させて頂きました。店内撮影禁止なので写真を撮れなかったのが残念ではありますが、この組み合わせは一生で一度味わえるかどうかです。いやー、美味かった。その一言に尽きます。

そして31日。今年最後のイベントであるトレジャーフェスタ神戸in2にディーラー参加。

101103102.jpg

バンナムさんの版権が降りなかったのでウチはコレだけ。版権モノを作っている者の性ではあるのですが、これだけしか出せなかったのは心残りではあります。
俺が思っていたよりフツーのガレージキットを出品しているサークルさんがかなり多かったです。中古トイは隔離されていたし、ある程度ジャンル分けされていたので、そう言った意味では今年の夏のワンフェスより全然面白いイベントだったと思います。
意外に大手のサークルさんが来られていましたねー。一番元気が良かったのは予想通り東方系でした。ボカロは少し落ち着いたかな? それより何より一番ビックリしたのは、ラブプラスのフィギュアを出していらっしゃるサークルさんがスッゲー多かったコトですね。・・・下調べして軍資金も用意しておくべきだったと、少なからず後悔しております(泣)。
俺は何も買い物しなかったですし、「うさマナカ」の売上は予想していたレベルではありますが、久しぶりに「らしい」ガレージキットのイベントに参加できたのは嬉しい限りです。107代目は相変わらずの人気で売上もあったし、そして一番上の写真も撮れましたしね(笑)。

三ノ宮に戻って永瀬君と別れ、くすさん&sk君と大衆居酒屋で打ち上げ。タイムサービスでビールが安かったので3人で飲む飲む(笑)。トントロと鯨の刺身(!)がメチャ美味かったです。
最近、やっぱりお酒に弱くなってますかねぇ。疲れていたのもあるのでしょうが、帰りのバスで完全に電池切れで寝落ちしてしまい、バス停一つ乗り過ごしてしまいました(自爆)。

ともあれ、すっごい楽しめた二日間でした。
くすさん、sk君、永瀬君、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。そしてトレフェスでお世話になった皆様にも感謝です。

年内の予定ですが、フィギュアの作成よりもまずは先日ハセガワから発売されたばかりの「Su-47 ベールクト“アイドルマスター 星井美希”」を作ります。今回もsk君からアドバイスを受けてアイデアも出してもらってます。発売されたばかりの「Mr.カラーGX」と「Mr.クリスタルカラー」を使って塗装してみます。キットそれ自体の出来上がりと、上手くデカールが貼れるかどうかとかの問題も山盛りありますが(汗)、俺は俺なりに自分の「愛」をカタチにしてみせますよ(笑)。
posted by Pur-PLE at 00:15| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FireFox ver4.0にて動作・表示確認 解像度1024x768以上推奨 無断転載禁止
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。